現代的自分デザイン

自分に合ったノートパソコンを買わないと後悔するだけ

色素沈着が薄くなった

 

ノートパソコンには色々あります。

 

高いものもあれば安いものもある。

 

普通は高いものは高性能ですし、安いものは性能はそれほど高くありません。

 

とは言っても、セールやデッドストック品で高性能なものが安く変える場合もありますけどね。

 

 

まあでも、基本的には高いものほど高性能と考えて差し支えありません。ただしメーカーによって価格にばらつきがありますので注意は必要です。

 

国内有名メーカーは価格も高め

 

海外のBTOメーカーは安いところが多いですがそれと比べると、カメラ店や家電量販店で売られている国内の有名メーカーのノートパソコンは高い傾向にありますね。

 

ただ、高いから足元見ているのかというと、そういうわけでもありません。

 

というのは、国内有名メーカーはサポートがしっかりしていることが多いからです。

 

Windowsの使い方までサポートしてくれるメーカーもあったりしますから。

 

サポートには人件費がかかりますので、その分パソコン本体の価格が高くなってしまうのでしょう。

 

海外のBTOパソコンメーカーだと、使い方はサポート外という場合もあります。

 

お金があるなら高いノートパソコンを買っておけばいい?

 

お金に余裕があれば、とりあえず値段が高くて高性能なものを買っておけばいいのでしょうか?

 

そうとも言い切れません。

 

と言うのは、例えば高性能なノートパソコンには高性能なCPUが載っています。

 

そして、高性能なCPUは、実は消費電力が大きいんです。

 

消費電力が大きければそれだけバッテリーの駆動時間も減ってしまうことになります。

 

また、画面が大きいほど消費電力も大きいです。これは考えれば当たり前の話ですよね。

 

ノートパソコンの場合は、大は小を兼ねるとはいかないわけですね。

 

こういった理由がありますので、安易に考えずに、自分にあったノートパソコンを選ぶことが大切です。

 

何億円も資産がある人ならノートパソコンの金額などたかが知れてるのかもしれませんが、一般的にはノートパソコンは高い商品でしょうし、お金も大切です。

 

安易に高ければいいとは考えずに、自分にぴったりのノートパソコンを見つけられればベストですよね。

 

そのあたりのことは、選び方のサイトなどを参考にしてみてください。

 

ノートパソコンを選ぶ時のポイント

 

ノートパソコンを選ぶ時は、

 

  • 性能(CPUやメモリ容量)
  • バッテリーの駆動時間
  • 液晶画面の大きさ
  • 重さ

 

など、チェックすべき項目が複数あります。

 

自分で決めるのが難しい方は、サイトを参考にしたり、詳しい人に相談してりしてもいいでしょう。

 

クリエイティブな作品を簡単に公開できる時代になった

 

現代は、昔と違って、有名人でなくても自分の作品を簡単に発表することができました。

 

インターネットが普及する以前は、すばらしい作品を作り出すことができるけれど、世間にあまり知られなかった人もいたことでしょう。

 

しかし、今は、本当にすばらしいイラストやグラフィックを書いている人は、ツイッターなどでその作品を発表すれば、あっという間に拡散します。

 

本当に実力のある方や腕試ししたい方は、ぜひパソコンなどを使って、作品を作って公開してみるといいと思います。

 

パソコンの選び方については、こちらなどが参考になると思います。イラスト・マンガを描くためのノートパソコンの選び方

 

現代は、良くも悪くも実力主義になったと言えます。

 

ネット上では、特にマンガは拡散しやすい媒体です。

 

マンガは、多くの人に読んでみようと思わせる力があると思うからです。

 

マンガのネタがある人は、まずはマンガを書いてみるといいでしょう。わりと反応が取りやすいので、はじめてやるのに向いています。

 

ネタが面白ければ、絵はそれほどうまくなくても大丈夫です。

 

そこから、自分の人生が大きく変化することもあるでしょう。

 

こういう自分から人生を変化させることを、わたしは自分デザインと呼んでいます。