現代的自分デザイン

電子書籍があれば、紙の本は不要か?

 

キンドルなどの電子書籍って便利ですよね。これはすごく便利。

 

電子書籍が出る前は、移動中の電車の中で本を読みたいと思ったら、本を持ち運ばなければならかかったわけで。

 

本は意外と重さがありますし、カバンに入れるのを忘れてしまったら、そもそも読むことができないという(笑)

 

重さがあるからカバンにいつも入れておくのはイヤ。だけど、いつも入れておかないとなると、読もうと思っている日に、カバンに入れるのを忘れないように覚えておかなければならない。

 

覚えておくことは脳を疲弊させる

 

わたしは、あんまり「覚えておく」ということが好きではないというか、なるべく覚えておかないくてはならないことは減らしたい主義なんです。

 

同じように思っている方は結構いらっしゃるのでは?

 

覚えておくことで脳のメモリを消費しますし、脳を疲れさせます。

 

脳の効率が落ちるのです。だから私は、避けられるのであれば覚えておくことは回避したい。

 

電子書籍のいいところ

 

そう考えると、スマートフォンやタブレットに入れておけばいつでも見ることができる電子書籍は魅力的に思えます。

 

他にも電子書籍のいいろころがあって、それは本を好きな場所で買って読めるとうことです。

 

極端な話、ネットにさえ繋がっていれば仕事中に本を買ってよむことさえできてしまいます。

 

これは大きなメリットだと思います。

 

それでも電子書籍に満足し切れない理由

 

このように電子書籍には色々とメリットはあります。

 

しかし紙の本に比べて、電子書籍に満足できない部分もあります。

 

電子書籍に満足できなり理由。それは、本として物理的に存在していないということです。

 

これはメリットであると同時にデメリットでもあります。

 

本として物理的に存在していると、本を見かけた時にもう一度読んでみようかな?というキッカケになったりします。

 

あるいは、枕元に本を1冊置いておけば、寝る前に少しずつ本を読む、という習慣を簡単に作ることもできます。

 

フセンを貼って、好きなページをすぐに参照したりといったこともできます。

 

しかし、電子書籍ではこのようなことができません。

 

これが電子書籍に満足し切れない理由です。

 

あなたはどう思いますか?